ワキ脱毛で失敗しないためのサイト>ワキ脱毛の痛みについて

そもそもワキ脱毛は痛いの?

どのような方法で脱毛するかによって痛みは異なりますし、
個人差、特に部位によっても変わってきます。

脚、腕など様々なある中の部位でワキは痛みを感じやすいと思います。

管理人も含め今まで脱毛した方は、ワキとVラインは痛みを感じやすいと言っております。

しかし、我慢できない程の痛みではありません。
ワキは最も脱毛されている部位で、痛くて耐えられないなら、
多くの方は脱毛出来てないはずです。
皮膚が薄く毛の量が多い部位なので、痛みに敏感ではありますが、
そこまで警戒する必要もないでしょう。

脱毛サロンとクリニックどのくらい痛みが違うの?

脱毛サロンよりクリニックの方が痛いという事は多くの方が知っていると思います。
どのくらい違いがあるかは、その脱毛器によっても違いがありますので、
簡単には言えません。

しかし、あえて言うとすれば、痛みに強い方だと脱毛サロンなら痛みはまったくなく、
クリニックは痛みを多少感じるというと思います。
特に女性はそうですが、痛みに強い方でもクリニックで施術すれば、
まったく痛みを感じないという事はないはずです。

ただ、何度も言うようですが、使っている脱毛器の種類によっても異なり、
今はクリニックでもそれほど痛みを感じない医療レーザー脱毛器も出てきています。

例えば、当サイトで紹介しているアリシアクリニックが採用している、
「ダイオードレーザーのライトシェア デュエット」という機種を使っておりますが、
これは今までのレーザー脱毛器より痛みが少なく、
ワキ脱毛より痛みに敏感なVラインの脱毛でも普通に使われています。

対して、湘南美容外科クリニックが採用している「アレキサンドライトのジェントル・レーズ」は、
剛毛に高い脱毛効果を発揮するのですが、その分痛みが強くなります。

多分、クリニックで痛いというイメージが強いのは、
「アレキサンドライトレーザー」という種類のレーザー脱毛器を使っているクリニックが多かったためです。
(現在はダイオードレーザー使っているクリニックが増えている)

もちろん、それは脱毛サロンにもあります。

脱毛サロンはフラッシュ脱毛器というものを使っていますが、
IPL方式とS.S.C.方式という2種類の方法があります。

両者の違いは、使っている脱毛器も違いますが、
簡単にいうと、S.S.C.方式はジェルを塗ってから照射し、
IPL方式はジェルを使わず照射するという事です。

正直脱毛効果にはまったく差はなく、どちらでも良いのですが、
S.S.C.方式の方が若干痛みが少ないと思います。

ですが、ほとんど違いはありませんので、
脱毛サロンを利用する方はそんなに気にする必要はありません。

一番痛みがないのはどこ?

単純に痛みだけを考えるなら、S.S.C.方式を採用しているミュゼが最も痛みを感じないと思います。
脱毛ラボも同じS.S.C.方式を採用していますが、ワキ脱毛だけという事を考えれば
料金的にミュゼの方がお得です。

しかし、その分脱毛サロンのフラッシュ脱毛器は脱毛パワーが弱く、
クリニックの2倍~3倍くらいの脱毛回数が必要ですし、永久脱毛ではないので、
いずれ毛が生えてくる可能性が高くなります。

もちろん、以前のようにボウボウにワキ毛が生える事はありませんが、
産毛程度なら生えると思って良いでしょう。

要するに痛みのなさを取るか、多少痛くても効果を取るかの違いです。

当然料金も脱毛サロンの方が安いですが、今はワキ脱毛だけならクリニックも安いですので、
ワキ脱毛に限るなら料金的なメリットは脱毛サロンにはそれほどありません。

ただ、ワキ脱毛だけならミュゼはありえない料金設定をしていますから、
試しに施術してみるのも良いでしょう。